中央アジア旅行のエキスパート| 中央アジアの紹介

中央アジア(ウズベキスタン・キルギスタン)の紹介

ウズベキスタンの紹介キルギスタンの紹介

ウズベキスタンの紹介

歴史習慣宗教文化祭日

各項目をクリックしていただくと、ページ内の掲載部分へジャンプします。

歴史

 

ズベキスタンは、中央アジアシルクロードの歴史、その中でも北部のステップ、遊牧地帯に対して、乾燥オアシス地帯の歴史であり、イスラム、モンゴル、ロシア、中国などの影響を強く受けています。ウズベキスタンには、紀元前4世紀に始まる文明遺産が数多く存在します。考古学な発掘がもたらした成果により、ウズベキスタンの大地では遥か昔から人々が生活を営んできたことが明らかになりました。ウズベキスタンの歴史の変遷は以下の通りです。

10万年前 サマルカンド周辺に人類が住み始める
紀元前6世紀 アケメネス朝ペルシャが現在のウズベキスタンの支配
紀元前329年 アレクサンドロス大王がサマルカンドを占領
紀元前139年 漢の張鶱、大月氏へ派遣される。大宛国(現在のフェルガナ地域)を通る
45年 クシャン朝が成立。その後、日本へ到達する仏教伝播に大きな役割を果たす。
629年 唐の玄奘がインドへ向けて出発。ウズベキスタンを通る。
751年 アラブ軍が唐をタラス河畔で破り、サマルカンドへ製紙法が伝わる。
9世紀 中央アジアで初のイスラム王朝・サーマーン朝がブハラで発展
10世紀 トルコ系カラハーン朝が興り、チユルク語・イスラム文化が進む
1220年 チンギスハーンがブハラ、サマルカンドを破壊
1370年 シャフリサーブス生まれのティムールがサマルカンドを都にし、大きく発展
1512年 3ハーン国(ブハラ・ヒワ・コ―カンド)の先駈けでウズベク族のシャイバニ朝が成立する。
1865年 帝政ロシア帝国がタシケントを占領
1924年 ソ連内でウズベクソビエト社会主義共和国が成立
1991年 ウズベキスタン共和国が独立

シルクロードの中心地として栄えてウズベキスタンは、東西文明の交差点として、各時代の先進文化・美術を取り入れ、独自の美術文化を開花させました。ウズベキスタンの美術館や博物館では、200万点以上に及ぶ展示品が展示されています。

ページのトップへ

習慣

 

ズベク人は古代からの様々な文化を持つ民族である。4世紀に遊牧生活から定住生活に変わった。文明の初期に独自の文化が形式化し、ダラやアレキサンダー大王時代の文化とそんなに変わらなかった。民族大移動やモンゴル侵略時でさえ、ここの文化を変えられなかった。イスラム教が入ってきてから、ウズベク文化には多少の変化があったが、ウズベク文化への影響は少なく、むしろウズベク文化がイスラム教を支配していった。もちろん現代的な生活は文化に影響を与えたが、多くのウズベクの家庭は年上を尊敬することや家長に従う文化と習慣は何世代も存続している。

ウズベクの映画[嫁たちの氾濫(kelinlarqo‘zg’oloni]を知っているだろうか。ウズベク女性は家庭では母、妻でありながら家長でもあり、主人や主人の父(あるいは母)に絶対従うものである。これは差別のようなものはなくて、伝統的な習慣である。家庭では子供が愛されるものだ。伝統的な社会構造として[マハリヤ]が存在し、自らの伝統や文化を持ち、特定の地域では町、村、地元の自治体機関と近隣関係を持つ独特な共同体である。お互いに助け合う習慣は[ハシャル]という。また変わらない習慣のひとつはもてなすこと。ウズベクでは食卓に出されるご馳走の量より、どうやってもてなすかが大事にされる。

もしも家に招待された場合は、断るようなことをすると傷つけることになる。招待された家を訪ねるときには、手ぶらで行かないでお土産かお菓子を持って行こう。家長は門で出迎え、挨拶する。そして、こちらのことを尋ね、家の中に招き入れる。家の中であれば大きな部屋、外の場合もある。玄関では必ず靴を脱ごう。食卓(ダスタハン)は部屋かベランダのまん中、または庭の木の下(ぶどうの場合が多い)に用意する。お客は奥に座らせられる。通常、女性は同じ食卓に座らず別に座るが、都会の場合はルールは殆どない。食卓に、まずお菓子やドライフルーツや野菜などが出され、プロフが必ずだされる。もちろん、パンは食事に欠かせないものだ。大事な点は食事が終わってから、茶を飲み始める。お湯を沸かすことやお茶を配ることは男性の役目であり、家長がやってくれる。お茶はチャイニック(テーポット)で作り、ピヤラ(茶碗)に注ぐのである。客に対するもてなしがここに表れる。お客をどのくらい大切にしているかは、茶碗に注がれるお茶の量で分かる。少ないお茶がなくなり、頻繁にお客がお茶を頼むのはその家に対する尊重の印になる。したがって、突然尋ねてきた客の場合は茶を多めに注ぐのだ。

ページのトップへ

宗教

 

ズベク人の日常生活はイスラム教の役割は大きい。宗教により、日常や家庭などの問題が解決される。しかし、地元の文化はイスラム教の法規と異なる部分もある。たとえば、聖場などを訪れること、子供の誕生のときに[ベシック・トイ](beshik to‘Y)赤ちゃんに揺りかごに初めて寝かせる式[ハトナ]・トイ(xatna qilish)子供のときに男の子に割礼をする式[ハトナ・トイ,スンアツト・トイcsunnat to’y]とも言う。[フォテイハ・トイ(fotiha toy’i)]結婚式、結婚式に加わって親戚の子供の割礼式をし、共にお祝いする。結婚式の前日結婚式に作る[朝のプロフ]のための準備[サブゼイ・トグラル](sabzi to’g’rar)プロフに大量に人参使うので、人参を切って用意する準備式である。これらはイスラム教と混ざった古代の儀式であるイスラム教の信者でも多くのウズベク人はお客が来たときにはアルコールを飲む。

もし、アルコール性の強い飲み物は飲まないのであれば、前もって伝えておけば飲ませられることはない。話をしてみるとウズベク人は素朴な民族だ。挨拶するとき握手するのが普通であり。(女性は握手しない、また先に手を伸ばさない)。握手している時に健康や仕事のことなどが尋ねられる。また右手を心臓のところにおいて丁寧にお辞儀をして挨拶することもある。ウズベクの民族衣装は変わりなく、今もよく着られている。多くの男性は形のまっすぐなシャツを着る。そして長いコートのような、薄い綿が入っている着物を着る。これはチョポンという。帯は銀の模様や金属飾りなど派手に縫って飾っている。他に同じように装飾されている靴や財布は持ち主の地位を示す。日常の帯は地味で長いハンカチのような生地で作られ、いつも巻いている。ウズベク人の男性の上着は主に地味な色にするが、縞模様の物もあるし、金縫された派手な物もある。ズボンは広くて裾の方で狭くなっている。

女性の民族衣装はハン・アトラス(xonatlas)生地から作られ、ズボンも広い。男性の帽子にはカルポック(qalpoq)、ドピ(dopi)、ドッピ(do’ppi)サナマ(sanama)チズマ(chizma)タヒヤ(taxya)、タイハ(tayha)チュマクリ(chumakli)クシ(kush)かクロヒ(kulohi)の種類がある。女性もスカーフやターバンを巻いたり、毛のフエルトの帽子をかぶったりする。子供の帽子はクロフチャ(kuloxcha)、カルポクチャ(qalpoqcha)、ドッピ(do’ppi)クルプシュ(kulupush)などがあり、種類やいろや布で異なり、模様やお守りをつけることもある。帽子は地域によって柄や形で異なる。しかし、服装は世界の流行が影響を与え、大都市の人々は現代的な格好をしている。ウズベスクの刺繍入りの服、金属彫刻や宝石、伝統的な帽子や絨毯は欧米の物より人気が高い。

ページのトップへ

文化

 

ズベク文化は東洋の独創な文化の一つである。これは民族の音楽、踊りや絵画だ。ウズベク音楽はテーマーの豊富さやジャンルが多いところが特徴である。ウズベクの民族の歌は、コシュク(qoshuq)は対句構造で低音域、一つか二つの詩の節を持つ風俗歌である。コシュクと同様でラパル(lapar)やヤツラ(yalla)も対句構造の物で踊りやすい特徴を持つ。ラパルはホレズムでは歌を意味し、会話内容の歌を一人で歌うところが特徴的だ。地域によってラパルは結婚式で歌う歌になる。ヤツラというジャンルは2種類あり、音楽は狭い音域の物で、合唱の始まりから踊りも加わる。詩は民謡か東洋の詩人の書いたものになる。またアシュラ(ashula)は口承音楽をプロフエッショナルなジャンルに発展させている。他にダスタンというジャンルはウズベクの伝統的音楽の英雄の物語を歌にして歌うところが特徴的である。マコム(maqom)は伝統的な音楽である。踊りは地域によって異なりフエルガナ地方の踊りは柔らかさ、表現豊かさ、ステップの滑らかさや同じところでする回転に特徴がある。ホレズムやブハラでは踊るときにカイラク(カスタネットのような道具)を使う。

ページのトップへ

祭日

 

な国家祭日は独立記念日であり9月1日に行う。古代ゾロアスター教の儀式が由来するが、民族祭日はナブルーズ(Navroz bayrami)、春分の日である3月21日に行われる。自然が目覚め、播種が始まる。特に伝統的な民俗フエステイバルである[ボイスン・バホリ](Boysun bahori)はスルハンダリヤ州のボイスンで行われている。この村では昔からの生活様式、舞踊、手職、やウズベク民族の習慣が殆どありのままに伝承文化として残っている。断食(ラマザン)が終わった日のラマザン・ハイット(Ramazaon hayit)やクルバン・ハイット(Qurbon Hayit)が大きく祝われる。クルバン・ハイットはイスラムの主な祭日の一つであり、その日のお祈りのあと、施しをもらったりあげたりする。そして病人や身内の世話をするのである。美しい祭日、ラマザン・ハイットで人はイスラム宗教法によってイスラム暦の9番目の月に30日のラマザン(断食)をし精神や道徳を清める。

ツアー申し込み 格安航空券のお申し込み
ページのトップへ

キルギスタンの紹介

キルギスタンとは?キルギスタンのフェスティバル

各項目をクリックしていただくと、ページ内の掲載部分へジャンプします。

キルギスタンとは?

ルギスタンの一番の自然の特徴は北東から南西へ走る天山山脈である。2番目に有名な特徴はイシククル湖(暖かい湖)です。その湖は標高1,600mに位置し、所々で深さが668mにも及びます。したがって名前からも分かるように、湖は決して凍りません。湖は高い山に囲まれた盆地に位置しています。

ビシュケク(首都)

4

ビシュケクは新興都市で、2003年に125周年記念日を祝ったばかりですが、それでもビシュケクにはホテル、レストラン、ナイト・ライフ(バー、ナイト・クラブ)ショップ、インターネット・カフェ、銀行、病院などのような様々な近代都市の長所と便宜があります。
ビシュケクはキルギス・アラ・トー山脈(アラ・アルチャ自然公園)は1時間以内の距離)のふもとにあるチュイ峡谷の斜面の平野に位置しています。南方のスカイラインにそびえたった山脈は、約5,000mまで昇り、ネズ、松、青いトウヒ、カバ、ポプラ、ニレ、柳に覆われています。チューリップ、アイリス、ポピーは小さな丘に生長し、春にはカラフルな色合になります。ビシュケクは広くて急速に発展している都市(面積は124㎞2)ですが、ほとんどの主な見ものが位置する都心を徒歩で楽しむことができます。

交通手段
空港から都心部までは40分ぐらい離れた所にあります。ビシュケクの鉄道の駅からバルクチ、イシク・クル湖、カザフスタンを通ってモスクワ行きの電車が通っています。また国全土の地域、およびアルマトゥイとタシケント行きの通常のバスサービスがあります。
市内に決まった料金表と電話で注文のできる幾つかのタクシー会社があります。

ホテル
五つ星の豪華なホテルから小さなゲストハウスまでホテルがあり、たいてい全ての希望と好みに応えることが可能です。

ショッピング
伝統豊かな芸術と技術があり、キルギスタンならではのおみやげ物が多いです。
お土産屋さんやデパートなどもありますのでショッピングには困りません。
1年間中行われている芸術の見本市ではキルギスタンで作った手作りのものを手に入れることができます。またキルギスタンのデザイナーは非常に魅力的なアクセサリーやプレタポルテを作り海外での評判も高いです。

見どころ
ビシュケクは観光客にとってしばしばキルギスタン旅行の出発点になります。ここから国の名所と見物は始まるが、ビシュケク自体にも見所はあります。博物館・ギャラリー・ショップ・公園・広場・レストラン・喫茶店などが都心部の周りに集まっています。
ちょうど都市の真ん中にアラ・トー広場が位置しています。白い山の峰を背後にして映える白い大自然で作った正面のあるホワイト・ハウスは政府のお宅で、広場の東側にあります。広場の中心部には、レーニン、キルギスタンのソビエト文化的遺産、また、国の歴史を描写する壮大な品々が展示されている歴史博物館があります。ビシュケクにはフルンゼなどの様な博物館が多くあり、とくに歴史博物館と美術館は一番人気です。

食事
ビシュケクにはサモサとかショロとタンという現地の飲み物などを売っている喫茶店、
スナック・カフェなどがたくさんあります。また、ヒャット、あるいはイタリアン料理店なので食事をとることもできます。様々な伝統料理に興味があれば、キルギス料理、ウイグル料理、ドゥンガン料理がだされるお店も多いです。

ナイトライフ
多くのレストランでクラシック、ジャズ、モダン、ミックスなどの色々なライブミュージックが演奏されています。多くのディスコ、ナイト・クラブ、カジノなどもあります。
又、コンサート、映画館、サーカス、数多くの劇場などもあります。しかし、演劇は常に早く(午後6時頃)開始し、毎日上映していない上に現地語で上演されています。

アラアルチャ自然公園

3

キルギス共和国の「ぜひ訪問して下さい」とよく述べられているところが、アラ・アルチャです。アラ・アルチャは高原の峡谷で、ビシュケクの中心地から1時間くらいのところにあります。アラ・アルチャは壮観な風景、険しい森に覆われた山の斜面があり、ピクニックあるいは外出の為にビシュケクの人たちの中で人気のあるスポットです。アラ・アルチャ自然公園は政府の法令で1976年に創られ、1200000ヘクタールの広さがあります。自然公園には、雪に覆われた峰、険しい森の斜面、にぎやかで、速く流れるアラ・アルチャ川の近くに位置する絵のように美しくて湿地牧草地があります。公園では小さい自然博物館と大統領のユルトを訪問することができます。のんびりとくつろぐか、ウオーキング、1泊2日でのトレッキング、あるいは乗馬を計画することも可能です。

イシク・クル湖

2

イシク・クル湖はキルギスタンで一番大きな湖であり。長さ800km、幅70km、一番深いところの深さ668m(平均深さ300m)です。イシク・クルは世界第二位の高山湖(海抜1606m)であり、世界第五位の深い湖です。イシク・クルはこの地方の「天山の真珠」とよくいわれ、景色が素晴らしいです。イシク・クルという名前はキルギス語で「熱い湖」という意味です。
ビシュケクから湖への道はブーム山峡を通ります。湖の西端には、ビシュケクからの鉄道の終わりであるバルクチという町が位置します。町のすぐ外にあるメインのビシュケク通りの近くに、荷物を運んだ馬を導くセミョノフの像があります。温暖な気候、日当たりの良い一日、広がる為に十分なスペースのある数多くの砂浜などのあるこの場所は、観光地として特に魅力的です。

ブラナの塔

17

ブラナの塔は中央アジアにおける最も古いミナレットであったと思われます。ブラナというのはトルコ語のムラナ(ミナレット)のなまりであるかもしれません。現在高さは25mですが、45mあった塔の上の部分が15世紀の地震で破滅したという。この円錐形の塔は八角形の土台上に造られた。町からすぐ外にレンガで修復された部分があります。塔のそこの直径は9.3mであり、頂上は6 mです。修復されるまでの1970年に撮った小さい博物館にある写真には、遺跡は住宅の土台のために必要なレンガを持っていった現地の人々によって取り外されたとはっきり見えています。塔の中に、現存物と言われる、頂上まで続く渦巻型の階段があります。塔には、移動できる階段、あるいは現在南の方にある地面から7mくらいのドアまで行く金属の階段が配置されたモスクの屋根からでした。塔の上からチュイ峡谷、トクマクが見られ、景色が素晴らしいです。

チョルポン・アタ

チョルポン・アタ

メインの見所の一つは、町の空港から北のところに位置する野外博物館です。広さ42ヘクタールの野外博物館に、有史以前の幾つかの建造物(岩の円形の広場・墓石・石で作った壁の遺跡・石人バルバル)と岩石彫刻があります。最も面白い幾つかの岩には情報を与える(日付・短い描写など)記念碑があります。岩の大きさは30センチから3メートルまでである。岩の公園の周りに、矢印が付いた幾つかのルートがあります。この場所は、かつて昔の人々が天体、特に、太陽と他の神様を崇拝した大きな戸外の聖堂だったと考えられる。絵が描かれた多くの岩に、動物、狩猟中の猟師、かいならされたユキヒョウなどの絵があります。この一つは、移動中、狩りのヒョウが描かれた岩であり、中央アジアにおいて唯一であります。又、岩石彫刻の公園から北のところにあるオルノック森は8月に、キノコ摘みが好きな現地の人々で大人気です。

ページのトップへ

キルギスタンのフェスティバル

  15  8

キルギスタンのお祭り①(工芸品)
昔からの風俗と伝統、フローラとファウナ、日常生活と歴史上の事件などは伝統的な工芸美術に反映されます。キルギスタンは高級なフェルト製品で有名である。この美術の誇りはボズ・ウイ(世紀をわたって、遊牧民族によって自宅用に使用されたフェルトのユルト)である。フェルト・フェスティバルは例年6月の最後の土曜日に行われる。

キルギスタンのお祭り②(テーマティックのフェスティバル)
キルギスの伝統的な文化遺産は、景色、気候、他の人たちとの接触などの色々な条件の影響を受けました。歴史および考古学に興味を持つ方はサイマル・タッシュ・フェスティバルを訪れてみて下さい。サイマル・タッシュは岩絵(岩石彫刻)の一番大きなギャラリーであり、南のキルギスタンのフェルガナ山脈の高原に位置する。ここには鉄器時代、及び初期青銅器時代からのものである岩絵が多く、狩猟の場面、動物と人間の絵、シンボルなどが描かれています。

キルギスタンのお祭り③(捕食性の鳥のフェスティバル)
このお祭りはキルギスに崇敬されるゴルドのワシとハヤブサのフェスティバルです。狩猟は、昔から若いひよこを買い、動物も守る為に訓練をしました。昔、一羽の捕食性の鳥は一つの小家族の為の食事を捕獲することができました。したがって、ゴルドのワシ、あるいはハヤブサは家族の一員のように扱われ、高く評価されました。捕食性の鳥を訓練した人はベルクッチと呼ばれ、非常に尊敬されました。

キルギスタンのお祭り④(競馬のゲーム)
伝統的な競馬のゲームは山羊の死体をボールに見立て、二つのチームがそれぞれ自陣に運び込むために奪い合うウラク・タルトゥシュ、馬にのった男性が馬に乗った女性に追いついたら、キッスをもらうというクズクーマイ、騎馬で1対1となり相手を馬上から引きずり落とすクロシュゲームであります。又、走行しながら鞍から体を乗り出し、地表に置いたコインを拾い上げるというティーンエングメイ、長距離競馬のアトゥチャビシュなどのゲームがあります。一年中開催される競馬のゲームフェスティバルは幾つかありますが一番のメインはキルギス種の馬の為のアトゥチャビシュです。

ツアー申し込み 格安航空券のお申し込み
ページのトップへ

現在地:ウズベキスタン旅行チンギスハーン HOME中央アジアの紹介